2019年11月18日

葬儀社での出張というのはそんなにない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色々な仕事が世の中にはあるわけですがその一つに葬式関係の仕事というのがあります。要するに葬祭屋ということになります。こうした仕事というのは基本的に長くなることがありませんして地元に根付いてがあっているということが多いですから、それはとてもしっかりとした稼ぎを出すことができるようになります。言うまでもありませんが、そんなに極端に人数が常に必要であるのかというわけでもなかったりするので求人が常に出ているわけではないということも注意しなければならないことです。

続きを読む


2019年10月24日

葬儀の香典はどのくらい出すのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香典にはそれなりに相場があります。どのような関係であるのか、ということによって出すことになるべき金額というのが色々と違いがあります。例えば身内であれば万円単位となることでしょう。兄弟などであれば3万円以上は出したほうがよいでしょう。近所ですと数千円で基本的には問題ないということになります。要するにその人との関係性によって違うということをとりあえず覚えておけばよいでしょう。これは自分の分限を超えてやるべきか、といえばそんなことはないでしょう。

続きを読む


2019年09月15日

地域の風習が大きく影響を与えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の香典の相場は、地域によって違います。なぜなら、語り継がれている風習が違うからです。葬儀の方法に地域差があることから、独自の文化が誕生しています。そのため、万が一の時に備えて、事前に確認しておく必要があります。さまざまなスタイルが提唱されている中で、時代の変化とともに風習自体も変化を遂げています。時代に即しているため、風習を大切にする文化が息づいています。変化に対して柔軟に対応でき、高い底力を誇っています。

続きを読む


2019年08月03日

葬儀・告別式と心の区切りに関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生百年と言われていますが、不老不死の人間は存在しません。誰にでも平等に死が訪れますし、いたずらに怯えずに毎日を過ごすことが大切ではないでしょうか。葬儀・告別式の様式は、昔と大きく変わって来ています。かつては自宅葬が一般的でしたが、現在では会館を使用するのが一般的です。また、その後の法要に関しても同じことが言えます。四十九日法要や一周忌、三周忌、自宅を片付けないで済むのがメリットです。遠方の親類に関しても、宿泊施設が整っているという利点があります。

続きを読む


2019年07月25日

喪中はがきはどの範囲に出せばよいのでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀に関する一般的な知識に関することなのですが、喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げますという意味合いの喪中はがきは、いったいどの範囲に出せばよろしいのでしょうか。結論から申し上げますと、葬儀に出席された方はもちろん、生前に故人が社会的に関わりあってきた皆様全員に対して、このハガキを出さなければなりません。喪中はがきは、別名が年賀欠礼状と称されています。難しい名前ですが、その意味合いは、無事新年を迎えることができたのは嬉しいですが、不幸があったので、今年は慶事を控えますといった意味です。

続きを読む